『ちょうどいい』を見つける暮らし

わたしや家族にとってちょうどいいとは?ライフオーガナイザー®的視点から、日々の暮らしや心の在り方を綴っていきたいと思います。

もう少しその先へいけば、いいことあるよ

名古屋市在住のライフオーガナイザー®️花田みつよです。

 

初めてライフオーガナイザー®️の先輩のお宅へお邪魔してきました。

森 麻紀さん【自宅組み立て講座~講師自宅編~】の受講です。

 

森さんの工夫とワクワク(私にはそう思える)が詰まったご自宅に、感心しきりで、『へー、ほー、はー』と、感嘆のため息が出まくりでした。

私自身は自覚なし。。。ご一緒したメンバーに指摘され気づきましたが。

 

そこで思ったこと。

森さんは、自分がストレスに思っていることに対してしっかりと向き合って、解決するにはどうしたら効果的かと取り組んでいること。

そして自分自身の大切にしていることがハッキリと分かっていることです。

 

これ、とっても大切。迷った時の道しるべになります。

ライフオーガナイズでも、とても大切にしているところです。

 

 

私はというと、『どうすれば良いか』のあと一歩が足りないようで。

漠然とモヤモヤするな。これイラっとするわ。

そこで終わることが多く、結局宙ぶらりんなまんま。

そこをあと少し掘り下げることが、とても大切で。

すると、思いもよらないところで解決の糸口が見つかることもあるのです。

 

 

あと、一歩、二歩…ちょっと頑張って考えることを進めてみよう。

このときはもちろん頭の中だけじゃなく、書いてみます。

 

あっ、ここでのコツは、小さいスケールで物事を見ることです。

あんまり壮大だと、勝てる気しないから。(なんの戦い?)