『ちょうどいい』を見つける暮らし

わたしや家族にとってちょうどいいとは?ライフオーガナイザー®的視点から、日々の暮らしや心の在り方を綴っていきたいと思います。

常に満点の状態を目指さなくていいんじゃないかな

 

 

 

名古屋市在住のライフオーガナイザー®️花田みつよです。

 

どうして今のままでいいよといってあげられないのか。

 

出来ていない部分へ注目して、色んなことを判断してるなかなぁと思います。

 

分かりやすく言えば、テストで90点取ったのに、間違えた10点のところに注目して、責めるイメージかな。

 

あっ、これ子どもにもやってしまったことあります。

怒りはしないけど、

『おしいなぁ』

『ここを少し頑張ったら…』

 

という風に。

 

夫は、心から『すごい!天才!』

と、褒めていました。

 

私もそうしようと思ってやるんだけど、やはり間違いの部分が気になって、褒めても最後に、『でもここが…』と、余計な一言を付け足すことも。

 

それが、自分に対しても行われています。

 

なので、元気はつらつで常にいなきゃと思うんですね。

それが、私にとっての満点なのかも。

そんな人いないことは分かってるんですけどね。