『ちょうどいい』を見つける暮らし

わたしや家族にとってちょうどいいとは?ライフオーガナイザー®的視点から、日々の暮らしや心の在り方を綴っていきたいと思います。

小学生からライフオーガナイズを始めてみよう~あいうえお片づけ講座

こんにちは。

名古屋市在住のライフオーガナイザー®

花田 みつよです。

 

 

我が家の子ども達(高一と中一)は、絶賛テスト週間です。

 

『もっと早くからしておけばよかった~』と言いながら、必死こいて勉強してます。

(多分…そうだと信じたい)

 

中一の娘は、自分の部屋も机もあるのに、ダイニングテーブルで勉強を始めます。

それはいいんですよ~、いいんですけど。。。

 

すごい勢いでダイニングテーブルの上を教科書やらプリントやらで浸食してきます。

私の居場所がなくなるくらい…(私はダイニングテーブルでパソコン作業などします)

 

『ママの居場所なくなるやん!あんたは部屋も机もあるのにぃぃぃ』と思わず叫んでしまいます。

 

 

 

 勉強してるのいいんですよ。頑張ってるなって嬉しいですよ。

だけど、お行儀よく教科書を重ねたりして欲しいです。

学校では机からモノを落としてないか本気で心配になります。

 

自分の部屋で勉強して欲しいですけど、どうやら今はモノがあふれているようで。

テスト前になると部屋を片づけたくなるという、昔からみんなが通ってきた道を通らずに、必死にダイニングテーブルで勉強します。

 

一緒に片づけをしてきて、娘にはライフオーガナイズの良さは伝わっていると感じます。

 

が…

 

忙しい毎日を過ごしいていると、どうしてもできないこともあるようで。

 

 

口うるさく言いたくないので、なるべく見守るようにしたいのですが、

それも難しいことも。いや、だいたいうるさいかな(笑)

 

今思うのは、子どもと親が一緒にいる時間の多い小学生の頃から、一緒に片づけについて考えたり取り組む機会があれば良かったなぁということです。

 

 

やはり中学生以上になると、子どもも部活や塾、習い事などでゆっくりとする時間も少なくなり、そして!反抗期というものもやってきます( ;∀;)

どうしても親子で一緒にというのが、小学生時代より難しくなってきます。

 

でも、片づけって勝手にできるようになるんではないのです。

片づけは、教えてもらって学ばないとできないものなんですよ!

(家庭科の授業でも、片づけの単元があります。)

 

だから、わたしは声を大にして言いたい!!

 

 

『小学生のうちに、ぜひライフオーガナイズのことを知って欲しいのだ~!』

 

 

 

小学生のお子さんがいる方におススメ♪

【かるた】や【マンガ】を使って、片づけを学べる

「あいうえおかたづけ講座」

こちらに是非参加して欲しいです。

 

講師はライフオーガナイザー®仲間である中矢くみこが担当します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

kumikonakaya.hatenablog.com